Blog

魂の浄化が必要な理由

2021.03.14

現代社会に生きているのに、何故?魂の浄化なのだろう?と思う人も大勢いるかもいしれない。 日本は厚生労働省の調査で、うつ病が100万人以上いるとそうだが、なぜ?長年に渡り多くの精神科やメンタルヘウルス、心療内科も増え続けていると言うのに、活気的な治療法がないのか?不思議に思う。私はメディテーションや、ヒーリング、遠隔で相手の体の気のシステムに働きかけ、DNAに潜んでいる原因を浄化して、本人の免疫システムが調整されて、自分の意志で治った人が何人もいる。しかし、日本人は右向け右で他人が認めない事は、なかなか信じようとしない。医師の処方する薬で廃人になった人もRaylaメディテーションでチャクラが宇宙と繋がり、 勝手に生命エネルギーが調整されて元気に若々しく運命も好転している。困った時の神頼みのように来て幸せを掴んだ人も沢山いるが、一生涯の元気と幸せのために、自分でセルフセラピー能力を身につけて引き寄せを起こし自分の望む未来を開いて欲しいと願っています。チャクラが全開になるだけで、自分の自由な意識や思考で運命を好転させる事ができる。望みを捨てなければ、願って求める事を続けるだけで幸せになれる。運命を変えるには熱が必要だ!しかし、鬱や心と身体の不調や病を抱える人をヒーリングしていると、必ず過去の記憶が浄化されていないが為に、運命にブロックがかかってしまっている。アメリカのイエール大学では、「死の教室」が25年以上も人気の講座になっています。私達は両親から生まれて様々な事を継承しています。 長い歴史の中でできた記憶には、壮絶な体験がトラウマになっていたり、DNAの中に情報が埋め込まれており人生を左右していると考えるのは当然だと思うのだが、医師が治してくれる、病院に行けば治ると思っている人がほとんどだ。結果を出しても信じてもらえない。コロナの恐怖もワクチンを打てば安心だ。解消される。全て他人任せに思える。こんなに心の病が治らない国なのに、海外のようにヒーリングやセラピーが医療の中に入っていかない。この世に生まれて来て、自分の自由な意志で人生をセルフプロデュースする楽しさがある。誰にも縛られない自由な生きがいのある人生を創り出せる。求めれば助けてくれる人も物も何もかもが引き寄せられる。 チャクラを開く瞑想にはそんな秘法が備わっていて正に神様が与えてくれた物だと思う。また自分の原点である魂を知れば自分が何者なのかも理解できて、自分の世界を信じられる。素晴らしい事だと思う。長い間、因果応報のカルマのブロックを解除して幸せになるためのメディテーションを続けできて、本当に自分の意識で人生は変えられる。脳を活性化して活力に満ちた若々しいエクササイズしている脳なら、歳を取ることも忘れてしまう。何故なら、魂や霊体に染み付いた記憶さえ浄化できるのだから、現世の嫌なことや失敗や自分を卑下する事も記憶から抹消して、いつでも新しい自分になれる。生き方も変えられる。幾つになっても何処にいても人生が続く限りフレッシュな自分でいられる。囚われた生き方は、無意識に錆びついたエネルギーで、空回りしているようなもの!魂は何度も生まれ変わりまた巡り会い、同じカルマを延々と続けている可能性が高い。だから魂の浄化は必要不可欠。もう二度と戻らない過去に囚われて生きている人が何と多いことか?神様の光は誰にでも与えられ開発できる力なのに、勿体無い!

pagetop