Blog

魂のカルマ

2020.10.18

「人は因縁で出会い因縁で苦しむ」15年程前に神様が何度も何度も 申してウンザリする程聞かされた言葉だが、今は何故? 人はこんなにも因縁で巡り合い苦しまなければならないのか?とほとほと嫌気が差す程 思います。人は何度も生まれ変わりまた巡り会う。400年〜500年も前の因縁の相手とまた巡り逢い因縁が続く…..家族と言えども決して良縁とは限らない。悪縁、魂が復讐を求めて生まれ変わって来ている場合、本当に出口が無い。執着し合うエネルギーの正体が解らないと対処もできずに、次々と不運が襲う。魂は己であって己では無い。過去の記憶に囚われて怨念化してる場合がある。 そこから抜け出すには、愛しか無いが愛が解らなくなって、過去世の恨み辛みに囚われたまま、 今世に生きることのできない人が、大勢いる。しかし、過去世の魂も記憶も目に見えないから 本当に厄介だ!過去の記憶が再生されて、今世の人間の思考や意識や肉体や運命にもダウンロードされて、消去できないカルマに囚われて生きる人が大勢いる。それを解体して浄化し、新しい自分になれるのがRayla セラピーだが、殻を破り進化を遂げるには、幸せになりたいと望む気持ちが エンジンをかける。望む気持ちが薄いとカルマの重圧に勝てない。カルマとは本当に厄介な運命を錆び付かせるヘドロみたいな物です。カルマの中にある怨念の毒が血や肉や生き方と合体して、自らを腐らせて生きている人が大勢います。今、浄化しなければ3000年には、ゾンビだらけの世の中になっているかもしれない。もし生きていても幸福感がない。何をしても満足しない、恨みの念が強い 復讐心がある、惨めだと感じる…….そんな負の連鎖を感じているなら? 浄化し来世の幸せな未来創造の為にも、 セラピーによる浄化をお勧めします。魂は永遠に生き続けるのだから

pagetop