Blog

脳の働きを根底から変える瞑想

2022.04.12

世界中に瞑想ブームが起きているが、その要因は『脳の劣化』をいかに防ぐか?

アメリカのスタンフォードダイカークで、『自分を変える教室』でベストセラー

になったケリー・マクゴニガルが推奨しているのが、意思力を強化する瞑想法

です。ストレスを力に変えるにも瞑想です。日本から伝わったと言われてます。

アメリカが日本人の精神性と頭脳明晰に、脅威を感じて生活スタイルを変える

3Sが導入され、今や日本の精神性をアメリカはビジネスにしているのです。

私は、22年間 宇宙エネルギーと繋がる瞑想をして日々、チャクラを浄化し、

引寄せ、健康と若返りを実践してます。最近大きな気づきがありました。

世界中が博士たちも含め、瞑想を推奨している根本には、脳の劣化が病気や衰退

を招く事が解明されたからですね。ブルース リプトン博士は、『思考』のすご

い力、心はいかにして細胞をコントロールするか』研究して、最近はチャクラや

スピリチュアルな領域に転換しているようですが、日本の神領域のヒーリングを

体験したら答えが出るのではないか?と想います。日々、お客様のヒーリングで

チャクラを調整、活力となるエネルギーチャージ瞑想で、脳は根底から変わり、

意識変革、思考改善、脳に大きく未来を意識するスペースができるから、誰もが

Rayla瞑想で、チャクラを調整し、脳に新たな未来を想像するエネルギーと肉体の

細胞へ、司令を出す事に成功します。脳は、過去の記憶や未来への不安要素や

心配のために、細胞に様々な恐怖や怒り、苛立ちや諦めの感情エネルギーを日々

送っています。脳が頑固に凝り固まって、未来思考を創造する新鮮なエネルギー

となる考えや意識に、おぼつかない。脳が固まっている状態では、良い考えを植

え付けても芯に入らず、育たないのです。以前、早稲田の教授がRayLa瞑想を学校

にするべきだよ!と言われ、一年間準備した経緯がありました。教授が言うには

『38歳で、思考停止、脳の働きが悪くなり、アクシデントに対応できない人が

多い。』当時、53歳でRayLaに通っていた男性が、わずか3ヶ月から半年もし

ないで、外見も内面も劇的に変わり、その変化に脅威を感じたからでした。

今、瞑想、遠隔ヒーリングを受けている人たちは、健康で若々しく幸福です。

それは、毎日 脳が生き生きと働き未来を意識、思考するスペースがあり、考え

や生き方を根底から変える力が働いているからだと思うのです。

毎日の日課に、Rayla瞑想・・・・・

未来型思考、意識改革で、あなたの人生は進化を遂げる。。。。

 

 

pagetop